会社の経理業務なら税理士に頼もう|優良事務所の選び方を調査

弁護士に任せるほうが無難

相談

まずはホームページを

皆さんはB型肝炎訴訟をご存知ですか。そもそもB型肝炎とは、ウイルスによって肝臓が機能障害を起こし、肝硬変や肝臓がんに発展する恐れがある病気です。このB型肝炎の感染ルートは、汚染された血液による輸血やウイルス保持者との性行為などによって、ウイルスが体内に入る事で感染します。また、近年、問題になった感染ルートが、過去の集団予防接種で注射針の使いまわしにより起きた感染です。ウイルス保持者に予防接種した針が使いまわされた事により、推計で40万人以上の方が、B型肝炎ウイルスに感染してしまったとして問題になりました。国は、この責任を認め感染者に救済措置が行われる決定がされましたが、現在、救済措置が取られた方は1万5千人程度と、まだまだ少ないです。救済措置を受けるには、注射針の使い回しが原因で感染した事を証明しなければならず、難しいと考える方が多いからです。個人では昔の接種記録などを調べ国に対し証明するのは、かなりの労力を必要としますので、自分で調べるより弁護士さんなどに依頼するのが望ましいでしょう。弁護士業界ではB型肝炎訴訟に重きをおき、専門で行う弁護士さんもいます。まず、自分が救済措置に該当するかを確かめるために、B型肝炎訴訟を扱う弁護士事務所のホームぺージを閲覧してみてください。ホームページ内の専用フォームにチェックを入れていく事で、救済措置の該当者である可能性を、簡単に判別できます。もし、該当者の可能性ありと判別されたら、無料相談などを利用して弁護士さんと訴訟に向けて相談を開始しましょう。